能力上昇馬 前回の続き


さっそくですが

-----------------------------------------------------------------
クラス----着別度数-------------勝率--連対率-複勝率-単回値-複回値-
-----------------------------------------------------------------
--G3----12---6---6--32/-56---21.4%--32.1%--42.9%----110----100-
--G2----10---3---1--17/-31---32.3%--41.9%--45.2%----265-----90-
--G1-----5---2---2--12/-21---23.8%--33.3%--42.9%----278-----92-
-----------------------------------------------------------------

この成績の秘密を書いてしまいますね。


上記は

・前走非R馬(R+でもRーでもない無印馬)
・今走R+馬
・能力上昇 該当馬

という3つを満たした馬の成績です。


これは言葉に言い換えると、理にかなっていることがわかります。

『前走は勝ち馬にも紐馬にもなれないレイティングの数値だった』馬だが
『それまでに能力は確実に上昇来ている』馬であり、
『今走で指定のレイティング上昇レース数を満たし」た上に
『今走は前走とは違い勝ち馬基準値を超えている馬』

ということになるわけです。

2009年以降、勝率25.5% 単回収186%
という好成績を残しています。

ミリオンダラー馬券術をご利用の方は
ぜひこれを活用して、重賞で儲けていってくださいね!!



ブログランキング参加中、応援してくださいね♪
順位が延びれば、情報のシェアも増やしますよ!!
http://blog.with2.net/link.php?1169928 











mdollar at 12:00トラックバック(0)馬券法について  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

『能力上昇』該当馬


重賞では『能力上昇』に該当した馬を狙う
ということは以前よりブログで書いていますし
競馬最強の法則に私が絡む数年前から
同じことを私は自分のメルマガでも言っておりました。

この能力上昇は現在ミリオンダラー馬券術の出馬表を見れば
一目瞭然な予想ファクターの1つです。

安田記念ではリアルインパクトが該当して1着など
実績を出してきておりますが、今日はこの能力上昇について
少し書かせていただきます。

まず、単純に能力上昇馬の2009年~現在のクラス成績

--------------------------------------------
クラス----勝率--連対率-複勝率-単回値-複回値-
--------------------------------------------
--G3----12.7%--23.5%--31.6%-----88-----94-
--G2----10.3%--19.9%--26.7%-----90-----79-
--G1-----8.9%--16.5%--24.7%-----91-----76-
--------------------------------------------


人気別成績
-----------------------------------------------------------------
人気------着別度数-------------勝率--連対率-複勝率-単回値-複回値-
-----------------------------------------------------------------
1番人気--49--38---8--69/164---29.9%--53.0%--57.9%-----82-----78-
2番人気--23--13--20--62/118---19.5%--30.5%--47.5%-----86-----82-
3番人気--15--17--14--73/119---12.6%--26.9%--38.7%-----76-----82-
4番人気---9--16--12--71/108----8.3%--23.1%--34.3%-----65-----87-
5番人気--13---6---9--67/-95---13.7%--20.0%--29.5%----146----101-
6番人気---3---8---7--61/-79----3.8%--13.9%--22.8%-----67-----85-
7番人気---7---3---4--56/-70---10.0%--14.3%--20.0%----242-----94-
8番人気---3---3---5--69/-80----3.8%---7.5%--13.8%-----64-----91-
9番人気---2---0---3--55/-60----3.3%---3.3%---8.3%-----93-----72-
10番人気---0---0---2--46/-48----0.0%---0.0%---4.2%------0-----30-
11番人気---1---0---4--42/-47----2.1%---2.1%--10.6%----142-----78-
12番人気---2---3---0--42/-47----4.3%--10.6%--10.6%----216----130-
13番人気---0---1---1--34/-36----0.0%---2.8%---5.6%------0-----60-
14番人気---0---2---1--29/-32----0.0%---6.3%---9.4%------0----137-
15番人気---0---1---0--20/-21----0.0%---4.8%---4.8%------0----205-
16番人気---0---0---0--18/-18----0.0%---0.0%---0.0%------0------0-
17番人気---0---0---0---9/--9----0.0%---0.0%---0.0%------0------0-
18番人気---0---0---0---9/--9----0.0%---0.0%---0.0%------0------0-
-----------------------------------------------------------------

ということで、人気薄の方が狙い目になるわけですが
5番人気以下でほぼプラスになります。


さて、これを少し集計方法を変えまして
R+馬 で 能力上昇馬 という定義にします。

勝つ能力があってさらにここまで能力が上がり続けている馬
ということになりますね。


-----------------------------------------------------------------
クラス----着別度数-------------勝率--連対率-複勝率-単回値-複回値-
-----------------------------------------------------------------
--G3----35--33--24-153/245---14.3%--27.8%--37.6%-----81-----85-
--G2----23--17---9--75/124---18.5%--32.3%--39.5%----134-----78-
--G1----17--14--10--47/-88---19.3%--35.2%--46.6%----171----111-
-----------------------------------------------------------------

特にG1競争では

--------------------------------------------------------------
年・年月----着別度数--------勝率--連対率-複勝率-単回値-複回値-
--------------------------------------------------------------
2011年------3--2--1-14/20---15.0%--25.0%--30.0%----117-----62-
2010年------7--6--7-19/39---17.9%--33.3%--51.3%----115----131-
2009年------7--6--2-14/29---24.1%--44.8%--51.7%----284----117-
--------------------------------------------------------------

このように、毎年プラス回収になっています。


これだけでも、馬券とちゃんと向き合っている人は
凄いと思ってくれるかと思いますが・・・


理にかなう方法で、以下のような絞り方ができます。
-----------------------------------------------------------------
クラス----着別度数-------------勝率--連対率-複勝率-単回値-複回値-
-----------------------------------------------------------------
--G3----12---6---6--32/-56---21.4%--32.1%--42.9%----110----100-
--G2----10---3---1--17/-31---32.3%--41.9%--45.2%----265-----90-
--G1-----5---2---2--12/-21---23.8%--33.3%--42.9%----278-----92-
-----------------------------------------------------------------

これは、明日の更新で解説しますね。



ブログランキング参加中、応援してね
http://blog.with2.net/link.php?1169928 










mdollar at 12:00トラックバック(0)馬券法について  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

武豊とRレベル

R印1着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
低-4- 2- 4-11/2119.0%28.6%47.6%7386
低+4- 1- 2-16/2317.4%21.7%30.4%7565
高-11-14- 9-53/8712.6%28.7%39.1%6390
普通5- 3- 5-47/608.3%13.3%21.7%5644
高★3- 3- 4-32/427.1%14.3%23.8%5455
高+5- 6-14-58/836.0%13.3%30.1%2660
低★0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%0.0%00

上記は今年の武豊騎手のRレベル別の成績です。
高★や高+になると相当勝率が下がっていますが、
低+や低-の面子では結構好走率が高いです。

R印1着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
低-1- 1- 2- 1/ 520.0%40.0%80.0%32112
低+2- 0- 1- 6/ 922.2%22.2%33.3%5245
普通2- 2- 3-13/2010.0%20.0%35.0%3560
高-9- 7- 8-27/5117.6%31.4%47.1%6883
高+3- 2-11-33/496.1%10.2%32.7%2060
高★2- 3- 4-19/287.1%17.9%32.1%3068

次にこれは騎乗馬がR+馬という限定です。
こうしてみても、Rレベル別の傾向は同じですが
どのクラスでも複勝率はかなり高いことは分かります。

今、一番買うのを悩む騎手が武豊騎手だと思いますが
上記を参考にすれば少し狙いも定まるかもしれませんね。



ブログランキング参加中、応援してね
http://blog.with2.net/link.php?1169928 










mdollar at 05:51トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

先週の危険な馬

頭数が少なかったので、未勝利の馬の中からも一部掲載しましたが
1倍台の馬も含めて全て着以下でした、良かったですね。

さて、WIN5の最後のレースで最低人気馬が激走したわけですが
実は私はあのレースでWIN5が外れました^^;

買える要素は少ないですが
木幡騎手のコメントを見ると、前日に無くなったお父さんが
勝たせてくれたのかな?なんて言ってました。

いい話に見えますが、素直に感動できないのは
やはりWIN4になっていた私だからでしょう(苦笑)


ブログランキング参加中、応援してね
http://blog.with2.net/link.php?1169928 









mdollar at 16:49トラックバック(0)過去のレース解説  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
デジタル競馬3表紙2

スマホ&フリーソフトでバカ勝ちできる!
まるごと一冊【超穴・大穴馬券】的中の法則
◆ミリオンダラー馬券術◆
ステップメール【実践編】
無料配信中!ぜひご登録を

全国書店や通販で発売中 ◆ミリオンダラー馬券術本◆

◆ミリオンダラー種牡馬◆

◆ミリオンダラーMAKER◆


月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
竹内裕也(たけうちゆうや)

 1980年生まれ。もの心ついた頃にはカードゲームの虜になっていたという生粋のギャンブラー。小学生の時には、学校でブラックジャックの勝負をしていたというから恐れ入る。
 26歳で水商売を辞めて本格的に競馬研究を始めると、生まれ持った博才が一気に開花。ミリオンダラー馬券術を開発して、ブログ、メルマガ、フリーソフトの各競馬メディアに次々と活躍の場を拡げ、JRAオッズマスターグランプリにも3度入賞。29歳では競馬書籍も刊行する。
 競馬予想界に久々に現れた超新星といえるだろう。




■動画・音声配信 take tube




QRコード
QRコード