羊ヶ丘特別

20120728b












R+馬が1頭もいないレースでしたが、
レースが終わってみると妥当な決着に。

1着馬はR-馬、3着馬もR-馬
このレースに2頭だけの該当馬が
そのまま上位に来ました。

で、2着のグレナディーンは
前々走の1000万の段階でR+馬でしたし
前走は後方から行き過ぎただけで、この時R-馬。

今走無印でも普通に勝ち負けできるレベルの
馬であることはミリオンダラー馬券術が教えてくれました。

そして、このレースは前走高-以上が4頭だけで
それ以外は全頭が普通以下のレース。

勝ち馬3頭は全頭前走が高-の馬でした。

これで8万馬券は中々美味しいですよね。

応援ありがとう!人気ブログランキング


◆競馬最強の法則WEBでしっかり馬のことを知りましょう◆





mdollar at 10:00トラックバック(0)過去のレース解説   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

◆ミリオンダラー馬券術◆
ステップメール【実践編】
無料配信中!ぜひご登録を

全国書店や通販で発売中 ◆ミリオンダラー馬券術本◆

◆ミリオンダラー種牡馬◆

◆ミリオンダラーMAKER◆


月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
竹内裕也(たけうちゆうや)

 1980年生まれ。もの心ついた頃にはカードゲームの虜になっていたという生粋のギャンブラー。小学生の時には、学校でブラックジャックの勝負をしていたというから恐れ入る。
 26歳で水商売を辞めて本格的に競馬研究を始めると、生まれ持った博才が一気に開花。ミリオンダラー馬券術を開発して、ブログ、メルマガ、フリーソフトの各競馬メディアに次々と活躍の場を拡げ、JRAオッズマスターグランプリにも3度入賞。29歳では競馬書籍も刊行する。
 競馬予想界に久々に現れた超新星といえるだろう。




■動画・音声配信 take tube




QRコード
QRコード